おはなし屋さんの今日のおはなし

おはなし屋さんです。おはなしが生きがいで、お仕事。

コーチが教えてくれた、幸せになるためのヒケツ

f:id:naoto1619:20190823001106p:plain



幸せになるためには

自分に無理なくできることで人を喜ばせること。

 

僕のコーチがアスリートとして心をすり減らしていた時期の僕に

教えてくれた幸せの秘訣です。

 

僕はその時、自分にはとても荷が重い期待に

必死に答えようとしていました。

そんな僕にコーチが言ってくれました。

 

「倉田さんはもっと簡単に人を喜ばせる方法を

知っているでしょう?」

 

 

僕はその言葉をもらって、ハッとしました。

僕のことを本当に大切に思ってくれている人は

僕が顔を出すだけで喜んでくれるじゃないか。

 

僕が3分間実家に電話するだけで

母ちゃんは喜んでくれるじゃないか。

 

大きな期待に応えようとしていた当時の僕は

生活に笑顔もなく、大切な人と会う時間さえ惜しんで

努力を重ねていました。

 

自分がおざなりにしていたものに

気づかされた瞬間でした。

 

 

「僕は僕らしく、僕が喜ばせられる人を喜ばせていこう。」

そう考えて、生き方を変えました。

 

 

あれから3年半が経って

僕は今、毎日嫁さんのご飯を作るのに忙しい日々を送っています。

 

嫁さんは僕のご飯を美味しい美味しいって食べてくれます。

僕はそれを見ながらご飯を食べるのが大好きです。

 

数は多くないけど、僕を求めてお金を払ってくれた人がいます。

僕の話を聞きたくて時間を使っておはなし会に来てくれる人がいます。

 

その人たちに、僕のできることでどうやって喜んでもらおうか

毎日毎日考えています。

 

たまに、遠くを見てしまいます。

こんな風になりたいのに、いまの自分じゃまだまだ足りないなって

思っちゃうこともあります。

 

 

その度に思い出すんです。

自分が無理なく喜ばせられる人たちを、喜ばせていこうって。

 

最初は大きいことなんかできません。

身近な人を喜ばせることは、すごく地味です。

地道です。パッとしません。

 

でも、嬉しいです。

 

喜んでくれると「次はどうやって喜んでもらおうかな!」って

思うことができます。

 

それが積み重なったら

困ったときに助けてくれる人が

必ず現れます。

 

もし報われなくても、思うような反応をもらえなくても

無理なくできることだから気にせず続けることができます。

 

だから僕は迷うたび、自分に問いかけます。

「今の自分に無理なくできること、ないかな!?」って。

 

 

おはようを元気に言う、程度で大丈夫です。

自信がないって人は、自分にでも無理なくできることを探して見ませんか。

 

 

f:id:naoto1619:20181116135636j:plain

目の前の人と一生懸命喋ること。それが僕にできること

 

 

 

 

次回のおはなし会は2/10開催です!

詳細はこちら↓

 

naoto1619.hatenablog.com

 

f:id:naoto1619:20190823001106p:plain