おはなし屋さんの今日のおはなし

おはなし屋さんです。おはなしが生きがいで、お仕事。

【実録】夢を語る青年と出会った1年前の話

毎週2人限定でフリーセッションを開催しています!

本音をぶちまける体験、してみませんか?

naoto1619.hatenablog.com

 

毎月2回 おはなし会を開催しています。

おはなしは人生を濃くしてくれる。

 

naoto1619.hatenablog.com

 

「僕、ベジタブルレストランを開きたいんです」

 


依頼を受けて講師を務めたセミナーの終わりの質問タイムで、講師である僕の真正面の席に座っていた彼が手を挙げて語ったのは、元投擲選手で当時体重112キロの僕にはあまり聞き馴染みのない飲食店の話だった。

 


夢を語るにはあまり自信のなさそうな彼の目を見れば、その夢への進度が順風満帆ではないことは容易に見てとれた。

 


彼は続ける。

「僕はベジタリアンで、今の日本ではまだそういう宗教的な食事にまだあまり理解が進んでないんです。だからすごく困ることが多くて。」

 

 

 

彼は迷っていた。

「どうしたらいいと思いますか、倉田さん。」

 


いきなりステーキゴールド会員の僕にそれを聞くのはお門違いでは?と思いもしたが、僕はライフコーチだ。考えなければいけないのは僕の食生活とあっているかどうかではない。彼の悩み、迷いがどういう経路を辿って出現しているのかを見なくてはならない。

 


僕をセミナーの外部講師として登壇させたこの会社も、求めているのはそこだ。僕の肉が好きとか野菜が好きとかそういう話ではない。ふっと出てきた思考を慌てて内に戻す。

 


僕は彼に聞いた。

「君がベジタブルレストランを開きたいという気持ちはわかったし、道理は説明がつくね。で、君はベジタブルレストランを開いてどうしたいの?」

 


彼は少しの沈黙の後、口を開いた。

「どうしたい、かぁ。これでベジタリアンが困らなくて済むかなぁと思います。」

 

 

 

人が語る夢には、大きく分けて二種類ある。

 


叶えたい夢と

語りたい夢だ。

 


叶えたい夢は、叶える事が目的なので、誰に何を言われようと夢に向かって努力を惜しまないし、語る事はプラスアルファのおまけでしかない。

 


それに比べて、語りたい夢は語る事が目的である。語る事で誰かに何かを思って欲しい。夢を語れないやつだと評価を下されたくない。

もはや夢を叶える事はさほど大事な事ではなくなってしまっている。

 

 

 

悲しいかな、今の日本の若者が語る夢の9割以上が後者なのである。意識高い系と一括りにされると何だか的を得ていない気もするが、語る事が目的な人ほど夢はより大きく、困難なことを語る。しまいには世界の子供全員救いたいだとか、壮大すぎる夢を語る若者も見た事がある。1人や2人じゃない。己の背丈をまず認識しなさい、と僕はいつも思うのである。まず君が幸せになるのが先じゃないかい、と。

 

 

 

少し話が逸れてしまったが、彼の語る夢は紛れも無い後者だと僕は感じた。

 

 

 

「まず君が、今あるベジタブルレストランをたくさん探して、外食を楽しむことが先じゃ無いかい?君も今困ってるわけだし。」

 


そう言った僕の言葉を彼は、目を輝かせて聞いていた。まるで新しい概念にでも出会ったかのようにまっすぐ僕の目を見つめていた。

 

 

 

——————

 


セミナーも無事終わり、僕を招待してくれた会社さんにお礼も伝え、お家に帰ってゆっくりしている時に彼から連絡が来た。

 

 

 

「今日はありがとうございました!ベジタブルレストランのものです!」

 


僕は肉食派なんで結構です!なんて突っ込めるほど彼とはまだ親しくない。徐々に行かないと。はじめからゼロ距離砲をぶちかましてしまうのは僕の悪い癖だ。なんて思いながらメッセージを読むと、彼は彼なりに感動してくれたらしい。

 


彼は僕に会いたいと言ってくれた。

僕も彼とはまた会いたいと思っていた。彼にとっては投げられたこともないような爆弾をストレートにぶん投げてしまったので、彼がどんなことをあれから考えたのかすごく興味があった。

 


そして彼と数日後に会う約束をした。

 


結果だけ書くと、彼は僕のゼロ距離砲を容赦なく受け止め、感銘を受けてくれたらしく、クライアント契約を結んでくれる事になった。あまりの返事の早さに僕の方がちょっと動揺する事になったのも印象に強く残っている。

 


そんな彼が度重なるセッションを受けて何を感じたのかはこのページの下の方、アカペラシンガーさんのコーチングを受けた感想を読んでみて欲しい。

 

 

peraichi.com

 


ベジタブルレストランについて質問する事から始まった彼との関係はもう一年ほどになる。

 


彼との出会いで僕はアカペラのライブを見に行く機会ももらえた。本当に感動した。Zeppで開催された全国大会も見に行った。彼のライブを見て感動したのもさる事ながら、その世界で人生をかけてやっている人たちの熱意には魂が震えた。

 


あと街ですれ違う可愛い子、なんてのとは次元の違う美女が、これまた次元の違うキュートな声で、笑顔を振りまきながら歌っているのを見る事もできた。なんだこれ。神は万物を与えないんじゃなかったのか。僕は驚愕した。

とにかく、彼との出会いで僕がもらった影響も、計り知れない。

 

 

 

彼のような人と出会える事は、ライフコーチングを生業にしている僕でも頻繁に起こる事ではない。そもそも僕は彼との出会いのような出会いのみで生計を立てているので、今収入に困っているのも書いていて納得できてしまった。

 


僕は今日も肉を食べながら、待っている。どのような形で出会えるのかわからないけど、彼のような輝いた目を見せてくれるその人に出会える事を。僕に会ってくれた人の人生が、少しでもいい方向に変わりますように。

そんな願いを込めて今日もステーキを食べる。そんな肌寒い秋の夜なのでした。

 

 

 

最後に、読んでくれたあなたへ。

 


夢を語ることを目的にしていないですか。

 


叶えたい夢があるなら、なりたい姿があるなら、できることからでいいのです。どれだけ小さくて誰にも気づかれないような事でもいいのです。

 


夢を語る事で、自分を保っていませんか。

語った夢が、あなたの首を絞めていませんか。

 

 

 

本当は、どうしたいんですか。

本当に、そんな事したいんですか。

 

 

 

あなたがあなたの人生を

めいいっぱい生きなくて

誰があなたの人生を燃やしてくれますか。

 

 

 

人生は一回で、時間は有限です。

どんな事に、命を燃やすかは

あなた自身が選べるのです。

人様は関係ないのです。

 


胸に手を当てて、考えてみるのも

悪くないと思いますよ。

 

 

 

行き詰まったら、もし話し相手が必要なら

ライフコーチに話をしに来てみてください。

僕の仕事は、そんな仕事です。

 

 

 

f:id:naoto1619:20181119180757j:plain

 (ベジタブルレストランの彼。憎いくらいかっこいいね。

全国大会では2つくらい賞もらってました。お疲れさんでした!)

 

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

☆ライフコーチのホームページです☆

peraichi.com

 

Line@も

登録者募集中です!

 

友だち追加

 

詳細はこちら↓

 

naoto1619.hatenablog.com

 

☆初めてブログを訪ねてきてくれた人へ☆

 

おはなし屋倉田のプロフィールです!

naoto1619.hatenablog.com

 

☆もっと色々記事を読んで見たい方へ☆

 

↓過去記事のまとめはこちら↓

naoto1619.hatenablog.com

 

☆次回のおはなし会の詳細はこちら☆

 

naoto1619.hatenablog.com

 

☆おはなし屋ライン@ができました☆

 

f:id:naoto1619:20190129203520j:plain

ID検索は yxv8045g で検索!

友だち追加

 

↓ライン@でどんなことができるの?詳細はこちら↓

naoto1619.hatenablog.com

 

☆パーソナルライフコーチングのご案内☆

 

自分を本気で見つめていきたい。

自分の人生を自分だけの価値観で歩いていきたい。

↓パーソナルライフコーチングの詳細はこちら↓

peraichi.com