おはなし屋さんの今日のおはなし

おはなし屋さんです。おはなしが生きがいで、お仕事。

パチスロで人生を考えた

f:id:naoto1619:20190823001106p:plain



こんばんは。

今日も1日暇してました、倉田です。

 

 

 

 

f:id:naoto1619:20181104225412j:plain

 

最近、仕事をしている時間よりも

パチスロを打っている時間が長い気が・・・

 

でも本当にお金がないときは打ちにいかないし

半年くらい打たないことも結構あるので

依存症ではないと思ってます。

 

あ、でもギャンブル依存症の人はだいたい

「自分はギャンブル好きであって依存症ではない」と

思っているそうなので、依存症に当たるのかも・・・

 

 

僕は人生ってギャンブルみたいなものだと

思ってるんですよね。

 

1回しかないし、どうなるかわからないし

挑戦しない人には失敗も成功もないし・・・

 

パチンコ屋にいかない人に

万枚は絶対でないんですよね。

(10000枚のメダルを出すこと だいたい20万円)

 

 

 

人生も、ギャンブルも

リスクが存在します。

 

自分の人生を思い通りに進めたいのなら

リスクを取っていけ!なんて話はよく聞きますね。

 

僕は、リスクと2種類の向き合い方をするべきだと思っています。

 

 

取るべきリスクと取るべきでないリスクを

見極めること。

そして取るべきリスクを

どのタイミングで取るかを見極めること。

 

 

パチスロに限らず

ギャンブルには期待値というものが存在します。

 

この勝負を永遠に長く続けると

どのくらいの収支に落ち着くか、という数値です。

 

 

基本的にギャンブルは、賭場(スロットならパチンコ屋さん)の

儲けが必要なので、期待値は100%を下回ります。

 

パチンコ屋さんの出玉の割合は

お店3割お客さん7割だって聞いたことがあります。

この時点で期待値は70%ということになりますね。

(なるのか・・?詳しくないからわかんないけど)

 

要するに

パチンコ屋さんに行く、という選択自体

3割損をしてしまう、ということですね。

 

だから、パチンコを好きな奴は馬鹿なんて

言われちゃうんですね。

 

 

 

 

そうです、僕馬鹿なんです。

だって楽しいんだもん。

 

 

 

 

 

僕はパチスロが好きなので

その時点で損をしているんですね。

でも、趣味だから仕方がない。

だって楽しいんだもん。

 

と、いうことはこの時点で

僕とパチスロの関係性は

お金を使って遊ぶ趣味なのです。

 

 

ですので、僕がパチスロという趣味を全うするためには

投資したお金の3割を損する覚悟が必要なわけですね。

 

 

で、僕にとってこの趣味は

使うお金の3割を無条件で失ってもいいくらい

楽しい趣味なので、ここが納得できれば遊んでいいわけです。

 

 

やめようと思ったこともありましたが

もう全面的に向き合う方向で行くことにしました(笑)

 

 

これが、取るべきリスクの話ですね。

僕がこの趣味を全うするために

取るべき、必要なリスク。

 

裏を返せば、使ったお金の3割が無くなっても大丈夫な時以外は

やっちゃいけない趣味なわけです。

(お金がないから勝とう!とかね)

 

 

 

 

だいたい僕の遊び方だと

1万〜2万円くらいを一回に使います。

 

これを続けると、1日3000〜6000円くらいを

使って遊ぶ趣味ということです。

 

で、だいたい僕は4時間〜8時間くらい打っているので

僕としては全然趣味の領域を越えないわけです。

 

 

でも、パチスロも所詮ギャンブルなので

負けるときは一気にお金がなくなったりします。

 

でも僕は時間のある時にパチスロを打てることが好きなので

打ち続ける為の資金をなくすわけにはありません。

 

 

だから僕に必要なのは

勝つ為の努力ではなく

大きく負けない為の努力になります。

 

 

ギャンブルって勝てるかどうかは運だけど

負けるかどうかはプレイヤーが選べるんです。

(当たりは機械が判定するけどお金を入れるのは人だよね)

 

 

そして、チャンスや運というのは

より長くその場にいた人に多くやってきます。

 

 

夢は諦めなければ叶う、っていうのは

こういう意味なんじゃないのかなぁ。

パチスロの話でごめんなさいw)

 

 

 

コーチとして独立したい!って相談を受けて

数人のサポートを今お仕事でやらせてもらってるんです。

 

その人たちに僕はいつも言っています。

 

売れるかどうかは運。

コーチングがクライアントさんに届くかも運。

 

だけど、売れる為の準備を100%しておくのは運じゃない。

コーチングの腕を磨くのは運じゃない。

 

 

チャンスが来るかは運だけど

チャンスが来た時につかめる

準備ができているかは運じゃない

 

 

だから自分の夢を全力で追いながら

なおかつその全力が1日でも長く続くような準備を

したらいいなじゃないかな。

そう伝えさせてもらっています。

 

 

売り上げを絶対出す!ではなくて

売り上げが出なくてもずっと続けていられる環境を。

収入があれば成功!ではなくて

収入がなくたって心穏やかに取り組める心を。

 

 

だから自分にとって最低限必要なお金を減らしなさい。

そしてその最低限のお金を今の自分の力で

働いたらどのくらいの時間が作れるかを計算してみなさい。

困った時に頼れる人にお願いをしておきなさい。

 

 

そうすれば、君の大好きな夢を

ずっと続けていられるよ。

なんてアドバイスさせてもらっています。

 

 

僕は今、コーチとして2年間これ一本で飯を食っています。

僕が初めて東京に出て来た時にやっていた事業を

まだ全力で続けている人って

僕の周りには全然いません。

 

僕がずっと大好きな対話を仕事にし続けられるのって

こういうことが意識できているからなのかな、って思います。

 

 

運をどうにかするなんてできないんですよ。

でも、運が回って来た時にそれをつかめるのは

その時膝を曲げて

跳ぶ準備ができている人だけなんです。

 

 

チャンスが来てから

膝を曲げても間に合わないんです。

 

 

チャンスを掴むことは操作できなくても

チャンスが来るのを信じて膝を曲げることなら誰だってできます。

 

大当たりを引き寄せることはできなくても

当たるまで粘ることはできるんですよ。

 

 

ギャンブルは資金の多さがモノを言います。

大当たりが来るまで待てるからです。

 

 

だから人生も、ギャンブルでいう資金が必要です。

それは夢に対する情熱です。

そしてその情熱を保ち続けて生きていくことです。

 

 

だから僕は、今の生活が大好きです。

この仕事でずっと食べていきたい。

だからこの情熱を、いかに保ち続けながら

生活が長く続けられるか。それを常に考えています。

 

 

長々と、ギャンブルから人生について考えてみました。

これを書いているのはおうちだけど、構想はパチスロを打ちながら考えてました。

 

パチスロでいい記事が書けた!

今日も1日楽しかったな!

 

 

 

 

f:id:naoto1619:20181104233334j:plain

(今日は2万円と少し、負けました)

 

 

 

 

ーーーーーーーーー

ご連絡はこちら→https://line.me/R/ti/p/%40yxv8045g(LINE@)

LINE@では、ブログ更新のお知らせや

各種案内、無料相談などが受けられます

 

コーチングのご依頼・お問い合わせはこちら→http://superbenchtrainernao.blogspot.jp/p/blog-page_7.html

 直接お仕事の依頼やご相談をしたい方は

こちらからお願いします

 

 

 

 

f:id:naoto1619:20190823001106p:plain