Choice My Life 〜自分の人生のハンドルを1mmずつ取り戻すための習慣〜

人が”迷う”時代。選択肢が多いからこそ、進めなくなる時代。そんな時代を選び取るために必要な”自分だけのものさし”をあなたへ。

どうしても他人の目が気になって、自分らしく生きられないあなたへ

ブログ内のオススメ記事を

ピックアップしています!

naoto1619.hatenablog.com

自分らしく生きたい。

自分に素直に生きていきたい。

 

 

でも、自分らしく生きたら

人に迷惑をかけてしまうんじゃないか。

 

自分に素直に生きたら

あの人からよく思われないんじゃないか。

 

 

自分らしく生きたい。

そうした方がいいことなんて

自分が一番わかってる。

 

でも、生きられない。

いざとなったら周りに合わせてしまう。

自分の意見と周りの意見が違うのが怖い。

 

 

その瞬間は自分の意見を言うようにしても

気づいたらまた自分の気持ちを押し殺しちゃってる。

 

苦しいよね。

しんどいよね。

 

 

誰に助けを求めたって

結局合わせちゃってる自分が悪いんでしょ、って

自分のこと責めるよね。

 

 

僕もそうでした。

 

 

僕は自分の気持ちを押し殺しすぎて

自分の気持ちを押し殺してることすら

わかんなくなってました。

 

 

僕はあるとき気がつきました。

あれ、僕の気持ちって本当はどうしたいんだっけ。

 

僕は本当はどう生きていきたいんだっけ。

 

 

そうやって考えて初めて

気持ちを押し殺していることに

気がつきました。

 

気がつくまでは

押し殺しているとすら思いませんでした。

 

 

だから、自分の気持ちを押し殺してることで

悩んでいるあなたは

 

ちょっと昔のあの時の僕よりも

よっぽど自分の気持ちに気がつけているんじゃないかなって

僕は思います。

 

自分に素直に生きられていない自分に

気がついているわけだからね。

 

 

そして気がついた後は

僕もあなたと同じように悩みました。

 

 

僕は今、自分の気持ちを押し殺すことは

まずありません。

 

自分の気持ちのまま、生きています。

むしろ、自分は本当はどうしたいの?って

素直な気持ちを問い続ける日々です。

 

 

そこに人は一切介在しません。

自分が素直になれるかどうかは

本来自分だけの問題ですから。

 

 

ちょっと話を戻します。

 

 

僕が他人の目を気にせずに

生きられるようになったのは

自分らしく生きないことでメリットがあったことに

気がついたからです。

 

その時の僕は考えました。

何で他人の目を気にしてしまうんだろう、って。

 

 

まず、僕が僕らしく生きるとします。

すると、僕が僕らしさを手放して得している人が

損をしてしまいます。

 

(こいつはいい部下だ、って

思ってくれている先輩とかね)

 

 

損をした人からは、睨まれます。

嫌な言葉を吐かれるかもしれません。

 

 

でも、それは仕方がないことです。

 

 

だって、今まで自分らしさを手放して

その人との衝突を避けていた

自分自身に責任があるからです。

 

 

自分の気持ちを押し殺すことで

その人との衝突を避けるという得をしていた。

 

実は得しようとしていたのは自分だったんです。

その見返りで自分らしさを

手放していただけだったんです。

 

 

ってことは。

自分らしく生きたいと思っている今の僕自身は

 

衝突を避けることよりも

自分らしく生きることの方が大切だ

って思っている。

 

 

だったらそこで嫌われちゃうのは

仕方がないなって

気がついたんです。

 

自業自得じゃん、って。

結局自分で自分らしくない方を選んでたんだ、って。

 

 

そしてもう一つ気がつきました。

 

 

僕が自分らしく生きると、直接関係ないのに

ブーブー文句を言ってくる人がいます。

 

 

「それはおかしいよ」

「考え方がずれてるよ」

「人の迷惑も考えろよ」 もろもろ・・・

 

 

僕からすれば

 

 

関係ないのに人の勇気ある決断にブーブー言うのは

「それはおかしいよ」って思います。

 

自分の考え方がさも一般を代表したような言い草にこそ

「考え方がずれてるよ」って思います。

 

自分らしく生きようとする僕の邪魔をするなんて

それこそ「人の迷惑も考えろよ」って思います。

 

 

この直接関係のない人たちは

総じて自分らしく生きてなさそうに

見える人たちでした。(僕視点ね)

 

 

自分らしく生きる勇気がないから

せめて自分らしく生きようとする人の

足を引っ張ってやろう。

 

こんな風に動く人、結構多いんです。

 

 

考えてみたんです。

この人たちはブーブー言うけど

僕の人生において責任を取ってはくれない。

 

 

僕の人生の責任は

僕にしか取れない。

 

 

その時言ったわけじゃないけれど

 

「だったらあなたの言うとおりにして

僕が後悔したら責任取ってくれますか?」

 

こう言ったら誰も何も言わなくなったんじゃないかなって

今だったら思います。

 

 

 

どうしても他人の目が気になって

自分らしく生きられないあなたへ。

 

 

 

あなたの人生は、あなたにしか責任が取れません。

 

 

自分らしく生きて人に嫌われたけど

自分は自分を愛し続けられた、そんな人生と

 

自分らしく生きなかったから人には嫌われなかったけど

自分は自分のことを嘘つきだと責め続けた、そんな人生。

 

 

どっちを選ぶのもあなたが決めていいことだと思います。

だって責任はあなたしか取れないから。

 

 

いいんです。好きに生きれば。

人から嫌われないことに本当に満足を感じるなら

自分の気持ちを押し殺したほうが得ですから。

 

 

どっちだっていいんです。

 

 

でも一つだけ言えるのは。

 

僕は今、幸せです。

世界中の人から嫌われても

僕は自分のことを嫌いにはなりません。

 

そんな素直な僕のことが好きだって言ってくれる人に

多くはないけど囲まれているので

どうやら世界中の人から嫌われることには

ならないで済みそうな感じです。

 

f:id:naoto1619:20180610214212j:plain

 

 

自分らしく生きようとしたら

たくさん衝突が起きました。

 

でも、最初だけです。

相手が変わるか、環境が変わるか

勝手にどうにかなっちゃうので、長くは続きません。

 

 

怖いのは最初だけです。

怖いと思います。僕も怖かったです。

 

 

怖くなったらこんな言葉を思い出してみてください。

 

 

自分の人生の責任者は自分だ。

 

 

あなたの意思が望む人生を

あなたが歩めますように。

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

最近の僕は

こんな感じでした。

 

 

 

 

ご連絡はこちら→https://line.me/R/ti/p/%40yxv8045g(LINE@)

コーチングのご依頼・お問い合わせはこちら→http://superbenchtrainernao.blogspot.jp/p/blog-page_7.html