いつか必ず死ぬことを忘れるな 死から組み立てる本当の自分らしさとは

メンタルコーチをやっていますなおちゃんです。「自分らしく生きる」を結構本気で考えています。「らしく」って結構簡単にみんな言うけど、本当に追及してみると難しいから、それをお仕事にさせてもらってます。関わってくれた人が本気で「らしく」生きていけるように願って・・・ LINE@はこちら。『@oes4417q』 

こんなはずじゃかった、セミプロ時代に僕が思っていたこと

自分が思っていることを

誰も理解してくれない。

 

人が自分についてこない。

 

自分が必要だと思ったものが

どんどん自分から離れていく。

 

自分で決めて自分で選んだはずなのに

全く満足できていない自分がいる。

 

【自分で決めたから】

【あの時あの人にこう言ってしまったから】

 

そう感じたことがありませんか。

 

僕はあります。

 

セミプロとして所属していた実業団を辞める時

このような気持ちに打ちひしがれていました。

 

「社会人になっても競技がやりたい」

そういったのも自分だったし

 

「お願いします、実業団で選手をさせてください」

そう当時の監督にお願いしたのも自分でした。

 

あの時の自分に今の自分が

何か言えるとしたら

 

「本当はお前、どうしたいんだよ」

そう伝えたいと思っています。

 

確かに、僕が自分で言った。

その時、本当に自分は競技さえできれば他には何もいらないと思っていた。

 

でも、やってみて初めてわかったんです。

 

僕は本当は、ただ純粋に競技を楽しみたかった。

 

幼い頃から運動音痴でいじめられるほど

何もできなかった僕が

 

ハンマー投げと出会って、

自分の考えが身体で表現できる楽しさにどハマりして。

 

ただただそれが楽しかっただけなのに。

 

いつしか僕は人に勝てるようになっていた。

高校2年生で全国大会で2番になって

日本国内全ての同級生の頂点が狙えるような選手になっていた。

 

そして、頂点が狙える試合を

人の二倍も三倍も棒にふるような失敗を繰り返すようになっていた。

 

その中でもやっぱりやっていれば結果は出るもんで

大学生時代は2回日本一になれた。

確かにその日は時間を忘れて呑み明かすくらい興奮した。

 

いつしか僕は

期待をされる自分に、そして期待に応えようと努力する自分こそが

自分らしいと思っていた。

 

むしろ、競技がなくなってしまうと

自分は人に期待されなくなって

自分は存在する意味がなくなるんじゃないかと思ってた。

 

「おまえなんて、価値のない人間だね」

周りの全ての人にそう言われてしまうのを想像して

心底怖くなってしまっていた。

 

 

そんなこと、あるわけないのに。

 

 

運動音痴の僕が競技に出会って

日本一を狙う選手になって

体育学部に特待生で入って体育教師の免許を取って

セミプロとして企業に雇われて。

 

外から見たらものすごいサクセスストーリーかもしれないけど

僕は身の丈を大きく超えた【僕ではない何か】に

なっていることに最近まで気がつかなかった。

 

 

本当は、単純にハンマーを投げてるのが好きだったんだよね。

 

誰かに勝ちたい、日本一になりたいって

毎日のように言っていたけど

 

そんなこと心の底では

本当は思っていなかったんだよね。

 

「競技を続けるには

日本一になって企業に雇われるしかないんだ」

 

そして

 

「競技を続けないと

僕は人からすごいって言われることなんて何もないんだ」

 

そう思っていたようで。

 

 

 

 

こんな状態で競技をして

心から満足いく結果なんて出るわけがない。

 

一番申し訳ないのは

自分の心と対話のできてない

当時の僕の言葉を真正面から本気で受け取ってくれて

 

僕の進路や競技環境をサポートしてくれた色々な人を

僕は裏切る形になってしまいまった事でした。

(競技中途半端にやめちゃったからね)

 

 

あの時の僕があるから

今の僕があることも確かです。

ですから後悔は全くしていません。

 

ですが、今の自分ならあの時の自分に言えることがあります。

 

「お前、本当はどうしたいんだよ?」

 

僕はあの時自分の本当の気持ちに気がつかないばかりに

たくさんの人に迷惑をかけたあの体験を

絶対に忘れません。

 

だから僕は僕に問い続けることを

やめません。

 

僕が心から出た言葉を吐かないと

僕の言葉を信じてくれている人に迷惑がかかるから。

 

人の顔色を見て吐いた言葉は

回り回って顔色を見た相手のことを

傷つけてしまうことになってしまうから。

 

何より自分が満足できない状況のまま

死んでいくのは絶対に嫌だから。

 

今日を最高の満足で締めくくり続けたいから。

 

 

この記事を読んでくださっている読者さんにも

必ずどこかに心当たりがあるのではないかなと思います。

 

 

「自分は本当はこうしたかったな」

 

「好きなことはやれているけど

本当はもっとこんな形でやりたかったな」

 

「あいつらと一緒に居たかったけど

色々あって一緒にいることができなかったな」

 

 

そんなあなたへ最後に少しメッセージを

書かせてください。

 

 

今のあなたがうまくいってないと感じるのは

あなたが自分の心に素直になれていないからじゃないですか?

 

あなたが表面上で吐いてきた言葉が

今のあなたを作っています。

 

「理解できない」

「価値観の違いだ」

「俺とお前は違う」

 

そんな言葉を心のどこがで疑問を感じながら

吐いたりしていませんか?

 

本当は認められたかっただけなのに。

本当はすごいと言われたかっただけなのに。

本当は必要として欲しかっただけなのに。

 

僕は日頃人の言葉を否定することは

あまりしないように心がけていますが

これだけは言わせてください。

 

人に承認求めるのは間違っています。

 

自分で自分のことを認めてやれない人に

承認は絶対に集まりません。

 

承認が欲しいのもわかります。

尊敬の眼差しが欲しいのもわかります。

 

だって僕自身もそうだったから。

 

でもその考え方じゃあ日本で一番になっても

満足できなかったんですもの。

 

本当は理解したいのに

本当は一緒にいたいのに

 

今までの自分を否定することが怖くて

受け入れられない。

 

今の認められていないけど冒険もしなくていい立ち位置から

自分自身で勝負するのが怖くて動けない。

 

でも怖いなんて言ってしまうと

人からどんな目で見られるかわかったもんじゃない。

 

だから屁理屈を並べてしまう。

 

僕も言ってました。

「俺の価値観はこれだから」

「俺はこれでいいから」

「みんな理解できなくても仕方ないから」

 

 

本当はわかっているんでしょう?

今のままじゃダメなこともわかっているんでしょう?

 

本当はそんなこと言っても

理解してほしくて、認めてほしくて仕方がないんでしょう?

 

心に手を当てて聞いてみるといいです。

「本当は、どうしたいの?」って。

 

自分に聞いてみてぽろっとこぼれた言葉が

あなたの本当の気持ちなのかもしれませんね。

 

確かにもう手遅れかもしれません。

こじれた人間関係はもう元には戻らないかもしれません。

 

でも、それに気がつけた瞬間が

一番最善の時です。

今日という日が自分の人生に残された一番若い日なのです。

 

今すぐ行動できなくていい。

これから思っていないことを吐かないようにするだけでいい。

本当の気持ちを話してみるだけでいい。

 

あなたの素直な心からの言葉しか

あなたを素直に心から満足させることはできません。

 

本当に今の現状を変えたいなら

本当に自分が満足いく人生を送りたいのなら

自分の心に問い続けることをやめてはいけません。

 

 

もう一度あなた自身の胸に

聞いてみてください。

 

 

「本当は、どうしたいの?」って。

 

 

 

 

---------------------------------------

 

僕が所属しているMainActorFactoryの

相談窓口(ライン)を作成しました。

 

https://line.me/R/ti/p/@yxv8045g

(クリックしていただくと

LINEで友達追加できます)

 

・今自分が取り組んでることに

イマイチ情熱を注げない

 

・心から震えるような事で

生きてる実感を感じたい

 

・今回している案件で

そこそこ利益が出ているけど

自分に本当に必要な事なのかわからない

 

・頑張って頑張って成果を目指しているのに

全く成果があがらず、虚しさを感じている

 

・しっかり習っているのに

ビジネスが上手くいかない

 

・自分にしかできない事で

生きていきたい

 

 

そんな願いを持って

MainActorFactoryのコーチングを

受けて下さっている方が多くいます。

 

 

https://line.me/R/ti/p/@yxv8045g

(クリックしていただくと

LINEで友達追加できます)

 

 

コーチングを体験してみたい

今のモヤモヤした悩みを聞いてほしい

現状を変えたい

 

一緒に人生について本気で考えませんか。

ご連絡お待ちしています。