いつか必ず死ぬことを忘れるな 死から組み立てる本当の自分らしさとは

MainActorFactory専属コーチ倉田直人のブログ。日々迷いながら生きる人生から、生を受けた喜びを心臓の奥の奥からかみしめられる人生になることを願って。連絡用LINE→https://line.me/R/ti/p/%40yxv8045g

覚悟するっていうこと

「僕の覚悟は決まってます」

 

「本気でやってますんで」

 

「腹くくってるんで!」

 

物事を成し遂げる時に

覚悟をすることは絶対的に必要な事です。

 

でもこの覚悟って

口では簡単に言えるけど

心から覚悟をするってそんな簡単な事じゃない。

 

覚悟できたら道は開けると

僕は思っているけど

 

「覚悟してます」って言えたら

勝手に道は開けるわけじゃない。

 

じゃぁ道を開くための

【覚悟】ってどういうことなの?

そんな話を今日はさせていただきたいと思います。

 

覚悟をする、本気で物事に取り組む。

 

それって、自分がその道に進みたいと

本気で思えているかどうかに

全てがかかっていると僕は考えています。

 

プロ野球選手を目指す人を

例に話をさせてください。

 

 

 

プロ野球選手になる覚悟っていうのは

自分がプロ野球選手になるために本当に必要な事を

考え続けるという事。

 

それは必ずしも

「ストイックな生活をしなさい」と

いう訳ではない。

 

自分がプロ野球選手になるために

何をするべきか

 

裏を返せば

何を捨てるべきかを考えるという事。

 

野球以外のものを

全て生活から排除するのも一つの方法だと思いますし

 

逆に、自分のパフォーマンスを上げるという観点で

野球以外の時間を充実させる事で

自分を常に高いステート(心理状態)で保つという

考えもできるでしょう。

  

そして覚悟を決めるうえで最大に必要なのが

 

「自分が野球に必要だと心からYESを言えない

全てのどうでもいいことにNOと言う」

 

という事だと僕は考えます。

 

プロ野球選手になるために

恋人や遊ぶ友達は作らない。(方がいいっぽいから)

 

なのではなく

 

プロ野球選手になるために

会って自分のステートが下がる人とは

会う機会を作らない。

 

どうでもいいな、時間の無駄だな、と

感じる人との人間関係を全て捨て

 

この人と一緒にいると心から充実するな、

気持ちが落ち着くな、ワクワクするな、と

感じる事ができる人とだけ付き合う。

 

毎日自主練習を2時間やる!などではなく

心から自分が「コレだ!」と言える練習に

徹底的にエネルギーを割く。

 

 

僕が例に出したストイックな前者の行動達を

「覚悟を決めた!」と口にするだけの人は

つい取りがちです。

 

冷静に考えて見ると誰でもわかることですが

行動が全然的を得ていません。

 

(千本ノックをしてプロ野球選手になれるなら

この世はプロ野球選手であふれていないとおかしいし

 

恋人を意図的に作らずに青春を過ごした野球少年が

野球で有利になったらプロ野球界は

もっとむさ苦しくなっているはずです)

 

実は前者の行動は

「周囲の評価を得やすい」行動なのです。

 

たとえプロ野球選手になれなくても

「よく頑張ったよね!」だったり

「仕方がないじゃないか!」なんて

言われたりします。

 

プロ野球選手になれなくても

自分で自分を慰める事もできます。

 

 

 

ですが僕が思う【覚悟】だったり【本気】は

後者の行動をとれる人だと思うんですね。

 

要するに、他の人から「なにやってんのあいつ?」と言われても

自分で目指している【覚悟】に向かって進んでいける人。

 

 

周りの称賛を得る事よりも

1%でも目的に向かって自分の足で進んでいける人。

 

自分の常人では成し得ないような夢に向かって

必要な本質的な事以外を

徹底的に捨てる事ができる人。

 

プロ野球選手になるために

「頑張ってるね」なんて称賛はいらないのです。

 

その称賛はプロ野球選手を本気で目指している時に

二次的に生まれてくるものですから。

 

もし生まれなかったとしても

一番に追うべき本質ではないのです。

 

 

ちなみに僕は半年前まで

オリンピックを目指して実業団に所属する

社会人アスリートでしたが

 

【覚悟と本気】の意味を知ってからは

人に褒められるような練習量や長時間の練習を一切やめました。

 

午前と午後に行われる

予選と決勝に向けて

 

わざと寝起きで

ウォーミングアップをせずに練習して

 

昼休憩をはさんでパチンコ屋で

聴覚と視覚を全てぶっ飛ばしてから

 

夜九時にまたグランドに戻って

誰もいない中練習をしていました。

 

その時の試合は

一番手ごたえのある試合ができました。

 

(よいこは真似したら怒られるよ

真似するなら本当の意図を聞きに来てね)

 

 

本気で何かを成し遂げたい。

覚悟を持って自分のやりたいことに進みたい。

 

 

そんなあなたに聞きます。

 

 

あなたはその成し遂げたいことに対して

「これだ!」と言えること以外すべてに

「NO!」と言えますか?

 

あなたの選択は

人に嫌われるかもしれません。

 

あなたの選択は

今いる居心地のいい場所を

ぶち壊してしまうかもしれません。

 

あなたの選択は

今まであなたが一番怖がって見ないようにしていたものを

眼前に突き付けられる事になるかもしれません。

 

それでもあなたは

【その他大勢すべての事】に

「NO!」と言えますか?

 

どれだけ怖くても

どれだけ恐ろしくても

 

視界に入れるだけで

身体中の筋肉がすくみ上ってしまうほどの

トラウマを連想させる事だとしても

 

その選択があなたの行き先に

本当に必要だと心から思えるものに

「YES!」と言えますか。

 

 

その恐ろしさを振り切る程

あなたの心は震えていますか。

 

 

その心の震えこそが

【本当の覚悟】だと思います。

 

 

「覚悟あります!」と

今やっている事に対して言ったことがあるのなら

もう一度考えて見ませんか。

 

怖くても進めますか?

 

 

それが、本当の【覚悟】であり

本当の【本気】だと思います。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

今日はかなり長く書いたので

少しまとめますと

 

【覚悟】とは

成し遂げたいことに対して

考え続ける事で

 

本当に心から必要だ!と言えない

全てのどうでもいいことに

勇気をもって「NO!」と言えるかどうか。

 

今やっている行動が

自分の目標のどこに向かっているのか

明確に、具体的に自分の言葉で説明できるか、ってのが

大事なところだと思ってます。