いつか必ず死ぬことを忘れるな 死から組み立てる本当の自分らしさとは

MainActorFactory専属コーチ倉田直人のブログ。日々迷いながら生きる人生から、生を受けた喜びを心臓の奥の奥からかみしめられる人生になることを願って。連絡用LINE→https://line.me/R/ti/p/%40yxv8045g

誰かになろうとするのはやめませんか

「自分はこんなにすごい人から習っているんです」

 

「今自分がやっているビジネスは

こんなに素晴らしいんです」

 

「自分がいる環境は

こんなに最高なんです」

 

「~~さんがこう言ったから

自分はこんな行動をしているんです」

 

人に自分が取り組んでいることを

こんな風に話していませんか?

 

僕はこんな人に出会ったときに

いつも思う事があります。

 

 

 

「あなたは誰なの?」

 

 

ひょっとしてこのブログを見ているあなたが

「自分の事かも・・・?」と

ドキッとしているかもしれないですね。

 

 

自分の事を全く語らず

自分の周りにある素晴らしい人や

すばらしい環境の話で

人の心を動かそうとする。

 

その心情の根底には

自分の心の中の不安を

自分の心の外にあるもので埋ようとしている

背景があると僕は思っています。

 

 

 

(過去にこんな記事を書きました

時間がある人はこの記事と一緒にぜひ)

 

naoto1619.hatenablog.com

 

 

外堀を固めて不安を埋めようとした結果

その外堀の事ばかり話すようになってしまう。

 

自分の満たされない気持ちを

インスタントな聞こえのいい素晴らしいもので埋めて

一瞬の安らぎを得てしまったために

 

その外堀を維持するために

今度はさらにその外側の人を巻き込もうとする。

 

 

今のあなた自身の事を

そのビジネスや環境無しで

語ることができますか?

 

 

誰かに教えてもらった理想郷の話以外で

自分の目指すものを自分の言葉で言えますか?

 

 

あなたが人に伝える情報は

本当にあなたが肌で感じた事ですか?

 

 

自分の体験したこと以外を

他人に本当の意味で伝える事はできません。

 

 

その場では伝わった風に感じる事があったとしても

本当の意味で伝わることは絶対にありえません。

 

 

あなた自身が

その情報の本質を理解できていないのですから。

 

 

伝言ゲームでは

3人挟めばどんな情報も歪めてしまうと

言われています。

 

 

その伝言ゲームで

人の心を動かそうとしているのですから

当然伝わるわけありません。

 

 

自分の肌で感じた事だけ語れ。

自分の目で見たものだけ語れ。

 

 

そして、誰かになろうとするのは

もうやめにしませんか。

 

 

主人公はあなたです。

どんな凄い人だって

どんな凄い環境だって

どんな出来上がったビジネスの話だって

 

あなたの人生を盛り上げる

【外部の情報】でしかありません。

 

 

あなたが得た情報は

そのまま振り回して伝言ゲームするのではなく

 

自分で確かめて

自分の言葉にして

 

そしてその次にやっと

人に伝える事を考えて見てはどうでしょうか。

 

 

そうして洗礼された言葉たちが

あなたの人生を語ってくれる事でしょう。

 

あなたは本当の意味での

【満足】を手に入れる事ができるでしょう。

 

 

もう一度考えていませんか。

 

 

「あなたは誰ですか?」