いつか必ず死ぬことを忘れるな 死から組み立てる本当の自分らしさとは

メンタルコーチをやっていますなおちゃんです。「自分らしく生きる」を結構本気で考えています。「らしく」って結構簡単にみんな言うけど、本当に追及してみると難しいから、それをお仕事にさせてもらってます。関わってくれた人が本気で「らしく」生きていけるように願って・・・ LINE@はこちら。『@oes4417q』 

ブレるってなんだろう

自分の軸を持ちたい

ブレてしまう

 

そんな相談を最近よく受ける。

 

そもそもブレるってなんだろう

 

自分の意思が変わる事?

周りに流される事?

迷う事?

 

僕は意思が変わっても

迷ってしまっても

別にいいと思う。

 

例えば、だけど

自分の軸はこれだ!ってのが見つかったとして

 

それに向かって一直線に進んでいるとして。

 

進んでる途中に、親しい人から人から

 

「その道大丈夫なの?本当にできるの?」

 

そんなことを言われて

自分の進んでいた道に迷いが生じる。

 

この段階で人は

「自分はブレている」と

認識することが多いみたい。

 

僕はこの段階では

まだ全然ブレていないと思う。

 

本当にブレた瞬間ってのは

この後、周りの意見で行動を決めちゃって

自分の軸をおざなりにした方向に

一歩進んだ時だと思うのよね。

 

むしろ、迷いが生じた時って

一番自分の軸が試される瞬間で。

 

「どっちの道に進むのが

自分軸に基づいた選択なのだろう」

 

そう思うその瞬間のために

自分の軸ってのが必要なわけで。

 

ずーっと一本道なら

自分の軸すら必要ない。

 

まっすぐ歩くだけだしね。

最初の一歩目決めたら失敗することなんて

ありえないよね。

 

でも現実は

何千何万と道が分かれていて

 

その都度選択が求められる。

だからその道を選びつづけるために

 

選択基準として

自分の軸が必要なんだと

僕は思っています。

 

洪水のような情報を

毎日浴びせられる僕たちの日常は

選択肢で満ち溢れている。

 

後は、その膨大な選択肢を

自分の軸に基づいて

 

本当に必要な方向を

選び続けよう。