いつか必ず死ぬことを忘れるな 死から組み立てる本当の自分らしさとは

メンタルコーチをやっていますなおちゃんです。「自分らしく生きる」を結構本気で考えています。「らしく」って結構簡単にみんな言うけど、本当に追及してみると難しいから、それをお仕事にさせてもらってます。関わってくれた人が本気で「らしく」生きていけるように願って・・・ LINE@はこちら。『@oes4417q』 

あなたのお悩みを僕に下さい。


僕は文章を書くのが好きで
コーチとして活動をして思ったことなどを
ここ2、3ヶ月ブログに書くようにしているんですが

最近ちょこちょこ読んでくださっている方が
増えてきました。

お前の文章、ロックだわ!
だったり
本当に共感できます!
だったり


このブログを読んで
心のモヤモヤがスッキリしました!
だったり
嬉しい声をたくさん頂けるようになりました。
本当に嬉しい限りです。


この記事なんかは特に沢山読んでいただけたみたいで
145人の方がフェイスブックでシェアしてくれたようです。
(ページを読み込む度ににシェアの数が増えて行って
これバグなんじゃね?って真剣に思ってました)

楽に稼げる話で100万円稼いで見た僕が思ったこと
http://naoto1619.hatenablog.com/entry/2017/08/06/120010



そこで、今回は
この記事を読んでくださっているあなたの
お悩みを聞かせていただけないかな、と
思ったわけです。


人間関係の悩み
仕事の悩み
営業の悩み
恋人との悩み。。。。etc



何でも構いません。
あなたのお悩みを聞かせていただいて
僕がそれに対してのアンサーとして
ブログの記事を更新いたします。


もちろん、個人が特定されるような書き方は致しません。
あくまでメンタルコーチとして
悩みに対してのアプローチが変わるように願って
文章を書かせていただきます。


お便りコーナー、みたいな感覚で
連絡いただけたら嬉しいです。


今、人に話せない悩みがある
手詰まりでどうしていいかわからない
とにかく悩みを聞いて欲しい


そんなあなたからの連絡、お待ちしてます。




お悩みの受付は
こちら、MainActorFactory窓口まで
お待ちしております!


https://line.me/R/ti/p/@yxv8045g
(ラインの窓口になります。
友達追加してそこからメッセージ下さい)

人間関係について考えた。

会社員時代にお世話になったさかいくんに
歌舞伎町で焼き肉をごちそうさせてもらいました。


f:id:naoto1619:20170810140057j:image

 f:id:naoto1619:20170810140124j:image


僕が競技からも会社からも離れる時
ずっと一緒に話を聞いてくれたさかいくん。
こんな感じだけど僕の職場の一番の上長で
営業所所長。

僕が辞めることで一番会社で責任を追及される立場にいたはずなのに
ずっと僕の言葉を聞いて、尊重して、応援してくれた恩人。

さかいくんがいなかったら正直全てを捨てることなんてできなかった。
僕に肩書きも栄光も無くなってもなお、僕と関わろうとしてくれた恩人の一人。

そんなさかいくんに
楽しんでもらえて本当に良かった。

さかいくん、って言うくらい
今じゃあ本当に友達で。

本当に心から付き合えてる人って
肩書きとか地位とか歳とか
なーんにも関係ないんですよね。


今のあなたが持っている
仕事や今のコミュニティが
何かの理由で全部パーになった時


あなたの周りには
何人の人が残るでしょうか?


お金も地位も無くなって
関わる理由がなくなって


それでもあなたと関わりたいと
思ってくれる人が何人いるでしょう?


「頼まれたから断れない」
「嫌われたくないから」
「期待してくれてるから」



一生懸命応えようとする事が逆に
あなたの人間関係を
薄くしてしまっているかもしれませんよ。


相手の期待に応える事でしか
維持できない関係なんて

期待に応えられなくなってしまった時が
関係が終わる時です。


本当の人間関係を築きたいのなら
まずはあなたが人の期待に応えるのを辞めて


自分にできる事で
相手に貢献することを考えて見てはどうでしょうか。

 

 

f:id:naoto1619:20170810140223j:image

---------------------------------------

 

僕が所属しているMainActorFactoryの

相談窓口(ライン)を作成しました。

 

https://line.me/R/ti/p/@yxv8045g

(クリックしていただくと

LINEで友達追加できます)

 

・今自分が取り組んでることに

イマイチ情熱を注げない

 

・心から震えるような事で

生きてる実感を感じたい

 

・今回している案件で

そこそこ利益が出ているけど

自分に本当に必要な事なのかわからない

 

・頑張って頑張って成果を目指しているのに

全く成果があがらず、虚しさを感じている

 

・しっかり習っているのに

ビジネスが上手くいかない

 

・自分にしかできない事で

生きていきたい

 

 

そんな願いを持って

MainActorFactoryのコーチングを

受けて下さっている方が多くいます。

 

 

https://line.me/R/ti/p/@yxv8045g

(クリックしていただくと

LINEで友達追加できます)

 

 

コーチングを体験してみたい

今のモヤモヤした悩みを聞いてほしい

現状を変えたい

 

一緒に人生について本気で考えませんか。

ご連絡お待ちしています。

こんなはずじゃかった、セミプロ時代に僕が思っていたこと

自分が思っていることを

誰も理解してくれない。

 

人が自分についてこない。

 

自分が必要だと思ったものが

どんどん自分から離れていく。

 

自分で決めて自分で選んだはずなのに

全く満足できていない自分がいる。

 

【自分で決めたから】

【あの時あの人にこう言ってしまったから】

 

そう感じたことがありませんか。

 

僕はあります。

 

セミプロとして所属していた実業団を辞める時

このような気持ちに打ちひしがれていました。

 

「社会人になっても競技がやりたい」

そういったのも自分だったし

 

「お願いします、実業団で選手をさせてください」

そう当時の監督にお願いしたのも自分でした。

 

あの時の自分に今の自分が

何か言えるとしたら

 

「本当はお前、どうしたいんだよ」

そう伝えたいと思っています。

 

確かに、僕が自分で言った。

その時、本当に自分は競技さえできれば他には何もいらないと思っていた。

 

でも、やってみて初めてわかったんです。

 

僕は本当は、ただ純粋に競技を楽しみたかった。

 

幼い頃から運動音痴でいじめられるほど

何もできなかった僕が

 

ハンマー投げと出会って、

自分の考えが身体で表現できる楽しさにどハマりして。

 

ただただそれが楽しかっただけなのに。

 

いつしか僕は人に勝てるようになっていた。

高校2年生で全国大会で2番になって

日本国内全ての同級生の頂点が狙えるような選手になっていた。

 

そして、頂点が狙える試合を

人の二倍も三倍も棒にふるような失敗を繰り返すようになっていた。

 

その中でもやっぱりやっていれば結果は出るもんで

大学生時代は2回日本一になれた。

確かにその日は時間を忘れて呑み明かすくらい興奮した。

 

いつしか僕は

期待をされる自分に、そして期待に応えようと努力する自分こそが

自分らしいと思っていた。

 

むしろ、競技がなくなってしまうと

自分は人に期待されなくなって

自分は存在する意味がなくなるんじゃないかと思ってた。

 

「おまえなんて、価値のない人間だね」

周りの全ての人にそう言われてしまうのを想像して

心底怖くなってしまっていた。

 

 

そんなこと、あるわけないのに。

 

 

運動音痴の僕が競技に出会って

日本一を狙う選手になって

体育学部に特待生で入って体育教師の免許を取って

セミプロとして企業に雇われて。

 

外から見たらものすごいサクセスストーリーかもしれないけど

僕は身の丈を大きく超えた【僕ではない何か】に

なっていることに最近まで気がつかなかった。

 

 

本当は、単純にハンマーを投げてるのが好きだったんだよね。

 

誰かに勝ちたい、日本一になりたいって

毎日のように言っていたけど

 

そんなこと心の底では

本当は思っていなかったんだよね。

 

「競技を続けるには

日本一になって企業に雇われるしかないんだ」

 

そして

 

「競技を続けないと

僕は人からすごいって言われることなんて何もないんだ」

 

そう思っていたようで。

 

 

 

 

こんな状態で競技をして

心から満足いく結果なんて出るわけがない。

 

一番申し訳ないのは

自分の心と対話のできてない

当時の僕の言葉を真正面から本気で受け取ってくれて

 

僕の進路や競技環境をサポートしてくれた色々な人を

僕は裏切る形になってしまいまった事でした。

(競技中途半端にやめちゃったからね)

 

 

あの時の僕があるから

今の僕があることも確かです。

ですから後悔は全くしていません。

 

ですが、今の自分ならあの時の自分に言えることがあります。

 

「お前、本当はどうしたいんだよ?」

 

僕はあの時自分の本当の気持ちに気がつかないばかりに

たくさんの人に迷惑をかけたあの体験を

絶対に忘れません。

 

だから僕は僕に問い続けることを

やめません。

 

僕が心から出た言葉を吐かないと

僕の言葉を信じてくれている人に迷惑がかかるから。

 

人の顔色を見て吐いた言葉は

回り回って顔色を見た相手のことを

傷つけてしまうことになってしまうから。

 

何より自分が満足できない状況のまま

死んでいくのは絶対に嫌だから。

 

今日を最高の満足で締めくくり続けたいから。

 

 

この記事を読んでくださっている読者さんにも

必ずどこかに心当たりがあるのではないかなと思います。

 

 

「自分は本当はこうしたかったな」

 

「好きなことはやれているけど

本当はもっとこんな形でやりたかったな」

 

「あいつらと一緒に居たかったけど

色々あって一緒にいることができなかったな」

 

 

そんなあなたへ最後に少しメッセージを

書かせてください。

 

 

今のあなたがうまくいってないと感じるのは

あなたが自分の心に素直になれていないからじゃないですか?

 

あなたが表面上で吐いてきた言葉が

今のあなたを作っています。

 

「理解できない」

「価値観の違いだ」

「俺とお前は違う」

 

そんな言葉を心のどこがで疑問を感じながら

吐いたりしていませんか?

 

本当は認められたかっただけなのに。

本当はすごいと言われたかっただけなのに。

本当は必要として欲しかっただけなのに。

 

僕は日頃人の言葉を否定することは

あまりしないように心がけていますが

これだけは言わせてください。

 

人に承認求めるのは間違っています。

 

自分で自分のことを認めてやれない人に

承認は絶対に集まりません。

 

承認が欲しいのもわかります。

尊敬の眼差しが欲しいのもわかります。

 

だって僕自身もそうだったから。

 

でもその考え方じゃあ日本で一番になっても

満足できなかったんですもの。

 

本当は理解したいのに

本当は一緒にいたいのに

 

今までの自分を否定することが怖くて

受け入れられない。

 

今の認められていないけど冒険もしなくていい立ち位置から

自分自身で勝負するのが怖くて動けない。

 

でも怖いなんて言ってしまうと

人からどんな目で見られるかわかったもんじゃない。

 

だから屁理屈を並べてしまう。

 

僕も言ってました。

「俺の価値観はこれだから」

「俺はこれでいいから」

「みんな理解できなくても仕方ないから」

 

 

本当はわかっているんでしょう?

今のままじゃダメなこともわかっているんでしょう?

 

本当はそんなこと言っても

理解してほしくて、認めてほしくて仕方がないんでしょう?

 

心に手を当てて聞いてみるといいです。

「本当は、どうしたいの?」って。

 

自分に聞いてみてぽろっとこぼれた言葉が

あなたの本当の気持ちなのかもしれませんね。

 

確かにもう手遅れかもしれません。

こじれた人間関係はもう元には戻らないかもしれません。

 

でも、それに気がつけた瞬間が

一番最善の時です。

今日という日が自分の人生に残された一番若い日なのです。

 

今すぐ行動できなくていい。

これから思っていないことを吐かないようにするだけでいい。

本当の気持ちを話してみるだけでいい。

 

あなたの素直な心からの言葉しか

あなたを素直に心から満足させることはできません。

 

本当に今の現状を変えたいなら

本当に自分が満足いく人生を送りたいのなら

自分の心に問い続けることをやめてはいけません。

 

 

もう一度あなた自身の胸に

聞いてみてください。

 

 

「本当は、どうしたいの?」って。

 

 

 

 

---------------------------------------

 

僕が所属しているMainActorFactoryの

相談窓口(ライン)を作成しました。

 

https://line.me/R/ti/p/@yxv8045g

(クリックしていただくと

LINEで友達追加できます)

 

・今自分が取り組んでることに

イマイチ情熱を注げない

 

・心から震えるような事で

生きてる実感を感じたい

 

・今回している案件で

そこそこ利益が出ているけど

自分に本当に必要な事なのかわからない

 

・頑張って頑張って成果を目指しているのに

全く成果があがらず、虚しさを感じている

 

・しっかり習っているのに

ビジネスが上手くいかない

 

・自分にしかできない事で

生きていきたい

 

 

そんな願いを持って

MainActorFactoryのコーチングを

受けて下さっている方が多くいます。

 

 

https://line.me/R/ti/p/@yxv8045g

(クリックしていただくと

LINEで友達追加できます)

 

 

コーチングを体験してみたい

今のモヤモヤした悩みを聞いてほしい

現状を変えたい

 

一緒に人生について本気で考えませんか。

ご連絡お待ちしています。

 

 

 

 

 

誰でも簡単に稼げる話で100万円稼いでみた僕が思うこと

「誰でも簡単に稼げますよ」

 

「ゼロからでも月収百万円可能」

 

「自由な生活を手に入れませんか」

 

「億万長者になれますよ」

 

 

こういった呼び込みを

最近よく見かけるようになりましたね。

 

 

これってビジネススクールだったり

投資案件のお誘いで

 

お金を払ってグループに入って

その団体が持つ稼げる情報を教えてもらえる系が多いんです。

 

 

僕もそんな団体に所属している時期がありました。

 

 

この団体の言っていることは

ほとんど嘘ではないと

僕は思っています。

 

 

実際に稼いでいる人がいるし

稼げている人が指導に当たるわけだから

稼げるようになる確率も大きいわけで。

 

 

でも僕が疑問に感じることがあるんです。

 

 

それは、「簡単に稼げる」だの

「誰でも自由な生活を送れる」だの言われる

甘い言葉で人を誘おうとする勧誘営業マン。

 

 

あくまで僕個人の感想だけど

僕はそのビジネス団体で

お金持ちは何人か見たけど

 

「簡単に稼いでいる」人や

「自由な生活を送っている」人なんかは

ほとんど見なかった。

 

「自由を手に入れようぜ!」

そんな言葉をSNSで吐きまくっている営業マン達が

どうも自由に見えなかった。

 

「月収100万円は誰でも行ける」

そう200人規模のセミナーでは言われ続けていたけど

 

月収100万円にたどり着いたのは

在籍している5ヶ月くらいの間で僕以外誰もいなかった。

(実はネットビジネスで月100万円くらい稼いでいた時期があったんです)

 

稼げるのは全体の1割ほどで

さらにそこからそのビジネスで

飯が食えるのはそこから1割くらい。

(100人に一人くらいかな)

 

(稼げる!ことに嘘はないし

プロ野球選手になれる確率や自営業を設立する大変さに比べたら

驚異的にいい数字だと思うけどね)

 

その稼げた1割の中の

それだけでは飯が食えない9割の人の中の

7割くらいそのビジネススクールの営業マンになって

勧誘をバリバリしてその稼ぎで飯を食う形になるんですね。

 

営業している人は

【稼げるには稼げたけど、そのビジネスだけで

自由な生活を継続するには足りない】人が多いんです。

 

(もちろんちゃんと稼いで

本当にいいと思って営業している人もいますよ。

そういう人たちはしっかり結果を残してる。)

 

そして「将来の勉強のため」と称して営業をし

その営業でもらった分け前で生活をしている。

 

これからは

そしてそんな人たちが

 

「自由な生活しようぜ!」

「これからは自分でビジネスする時代だぜ!」と

 

お客さんに対してアポイントを取って

営業をしていくわけです。

 

ものすごく自由な生活を

している風を装ってね。

(これをブランディングと言います。

立派なビジネス上の戦法です。)

 

 誹謗中傷ではありません。

彼らは嘘は一つも言っていないし

ルールは何も破っていません。

 

そしてその営業マン達より稼げていた

肝心の僕が思ったことは

「全然簡単じゃねえし、片手間でもねぇ!」

ということでした。

 

 

100万円稼ぐ、ということは

自分のお客さんが100万円分僕の価値に

投資をしてくれたということ。

 

その100万円の重さはものすごくて

最初実力が身につくまで僕はその100万円の価値を

提供するプレッシャーと悪戦苦闘していました。

 

 

だって冷静にもなって考えてみてください。

100万円稼ぐということは

人が100万円を自分に払うということなんですよ。

 

 

「簡単に稼ぎたい!」と言うあなたは

”簡単に人に100万円を払う”事ができますか?

 

僕はよっぽど相手に惚れない限り

100万円なんて出せません。

(惚れたらいくらでも払うけどね)

 

しかも素人に毛が生えたような

「簡単に100万円稼ぎました!」なんて言うような人には

絶対に払いたくないです。

 

そりゃあシステムを作って

お客さんが集まるようにして

コピーライティングを使って商品をセールスすれば

商品は売れますよ。

 

ビジネススクールで教えていることは

決して嘘ではないと思います。

でも本当に一番必要な本質の部分じゃないんだ。

 

「簡単」「誰でも」というのは

勧誘するための巧みな言い回しです。

 

現に僕が稼いだ時は

ネットビジネスチックな技法や手法は

最終的にはほとんど使いませんでした。

 

見込み客になったお客さんに直接会って

自分の思いを伝えただけ。

 

コーチングを受けてきた僕だからこそできることを

お客さんの前でコミュニケーションを取りながら伝えただけ。

 

そしてお客さんが

「こいつにならお金を払う価値がある。賭けてみたい。」

そう思ってくれただけ。

 

確かにそこを外から見ると

簡単かもしれませんし

 

そこのスクールは僕のことを

 

「ほらこいつはうちの言う通りにしたら

100万円稼げてるだろうが」と言わんばかりに

セミナーやら勉強会やらで前に立たせました。

 

でも僕は本当に心から

「このスクールのおかげでこうなれました!」とは

いう気になれませんでした。

 

本当に自分の力で自由を手に入れるためには

【ビジネスモデル】という乗り物があるだけじゃぁ

ダメなのです。

 

本当に必要なのは

自分のことを時間をかけて理解していくことだと思うのです。

 

自分がどんな人間で

どんなことに嬉しいと感じ

どんなことに憤りを感じ

 

どんなことに満足を覚え

どんなことに居場所と安らぎを求めるのか。

 

自分だからこそ提供できる価値は何か。

自分の身の丈を本当に理解できているか。

 

自分のことを深く理解して初めて

人とコミュニケーションをとることが

円滑に、簡単になります。

 

簡単にコミュニケーションを取れるまでの道のりは

決して簡単ではないのです。

 

 

 

「そんなことは今考える必要ない!」

そうスクールのお偉いさんに言われたことがありましたが

 

自分の人生について考えなくていい瞬間なんて

1秒たりともあるわけないんです。

 

そんな人生、自分の人生じゃない。

誰かの都合に乗っ取られて生かされているだけだ。

いくら儲けが出てもそんなの自由じゃない。

 

本当の自由を求めるなら

いくら自分の外から学んでも

何も始まらないと思います。

 

そう思ったので僕は自分の所属していたチームに

コーチングを導入しないか、俺にやらせてくれ」と提案したところ

僕はクビを切られました。

 

組織の都合です。

仕方がないと思います。

でも僕は間違ったことを言っているつもりは

しばらく経った今でもありません。

 

(組織の均衡を乱したことには変わりないので

そこに関して僕自身も所属していた以上は

すんませんでした、っとは思っています。)

 

 

 

 

「簡単だよ」「誰でもできるよ」

そのビジネスの行き着く先は

 

今の時点で「簡単だよ」と声をかけられている

あなたの出すお金で成り立っているのかもしれません。

 

 

「簡単に」稼いでいる人が

「簡単に」稼いでいる方法は

 

「簡単に稼ぎたい」と思う人から

「簡単に稼がせてもらっている」のかもしれませんね。

 

 

自分の力で本当に自由を得たいのであれば

自分のことをもっと考えてみましょう。

そこに時間と労力、お金を使いましょう。

 

 

営業してもうまく契約が取れない?

作業してもしても売り上げが伸びない?

 

それはあなたが自分のことを知らないからでしょう。

コミュニケーションの本質を理解していないからでしょう。

 

 

心を込めて作った商品

丹精込めて練り上げたサービスには

魂が宿ります。

 

魂を込めるのには

技術は関係ない。

 

そこをおろそかにして商品がバカ売れなんかしちゃったら

取り返しのつかないことになりますよ。

 

 

今の自分に本当に必要なこと、もう一度考えてみませんか。

 

 

---------------------------------------

 

僕が所属しているMainActorFactoryの

相談窓口(ライン)を作成しました。

 

https://line.me/R/ti/p/@yxv8045g

 

・今自分が取り組んでることに

イマイチ情熱を注げない

 

・心から震えるような事で

生きてる実感を感じたい

 

・今回している案件で

そこそこ利益が出ているけど

自分に本当に必要な事なのかわからない

 

・頑張って頑張って成果を目指しているのに

全く成果があがらず、虚しさを感じている

 

・しっかり習っているのに

ビジネスが上手くいかない

 

・自分にしかできない事で

生きていきたい

 

 

そんな願いを持って

MainActorFactoryのコーチングを

受けて下さっている方が多くいます。

 

 

https://line.me/R/ti/p/@yxv8045g

 

コーチングを体験してみたい

今のモヤモヤした悩みを聞いてほしい

現状を変えたい

 

そんなあなたのご連絡お待ちしております。

 

 

 

覚悟するっていうこと

「僕の覚悟は決まってます」

 

「本気でやってますんで」

 

「腹くくってるんで!」

 

物事を成し遂げる時に

覚悟をすることは絶対的に必要な事です。

 

でもこの覚悟って

口では簡単に言えるけど

心から覚悟をするってそんな簡単な事じゃない。

 

覚悟できたら道は開けると

僕は思っているけど

 

「覚悟してます」って言えたら

勝手に道は開けるわけじゃない。

 

じゃぁ道を開くための

【覚悟】ってどういうことなの?

そんな話を今日はさせていただきたいと思います。

 

覚悟をする、本気で物事に取り組む。

 

それって、自分がその道に進みたいと

本気で思えているかどうかに

全てがかかっていると僕は考えています。

 

プロ野球選手を目指す人を

例に話をさせてください。

 

 

 

プロ野球選手になる覚悟っていうのは

自分がプロ野球選手になるために本当に必要な事を

考え続けるという事。

 

それは必ずしも

「ストイックな生活をしなさい」と

いう訳ではない。

 

自分がプロ野球選手になるために

何をするべきか

 

裏を返せば

何を捨てるべきかを考えるという事。

 

野球以外のものを

全て生活から排除するのも一つの方法だと思いますし

 

逆に、自分のパフォーマンスを上げるという観点で

野球以外の時間を充実させる事で

自分を常に高いステート(心理状態)で保つという

考えもできるでしょう。

  

そして覚悟を決めるうえで最大に必要なのが

 

「自分が野球に必要だと心からYESを言えない

全てのどうでもいいことにNOと言う」

 

という事だと僕は考えます。

 

プロ野球選手になるために

恋人や遊ぶ友達は作らない。(方がいいっぽいから)

 

なのではなく

 

プロ野球選手になるために

会って自分のステートが下がる人とは

会う機会を作らない。

 

どうでもいいな、時間の無駄だな、と

感じる人との人間関係を全て捨て

 

この人と一緒にいると心から充実するな、

気持ちが落ち着くな、ワクワクするな、と

感じる事ができる人とだけ付き合う。

 

毎日自主練習を2時間やる!などではなく

心から自分が「コレだ!」と言える練習に

徹底的にエネルギーを割く。

 

 

僕が例に出したストイックな前者の行動達を

「覚悟を決めた!」と口にするだけの人は

つい取りがちです。

 

冷静に考えて見ると誰でもわかることですが

行動が全然的を得ていません。

 

(千本ノックをしてプロ野球選手になれるなら

この世はプロ野球選手であふれていないとおかしいし

 

恋人を意図的に作らずに青春を過ごした野球少年が

野球で有利になったらプロ野球界は

もっとむさ苦しくなっているはずです)

 

実は前者の行動は

「周囲の評価を得やすい」行動なのです。

 

たとえプロ野球選手になれなくても

「よく頑張ったよね!」だったり

「仕方がないじゃないか!」なんて

言われたりします。

 

プロ野球選手になれなくても

自分で自分を慰める事もできます。

 

 

 

ですが僕が思う【覚悟】だったり【本気】は

後者の行動をとれる人だと思うんですね。

 

要するに、他の人から「なにやってんのあいつ?」と言われても

自分で目指している【覚悟】に向かって進んでいける人。

 

 

周りの称賛を得る事よりも

1%でも目的に向かって自分の足で進んでいける人。

 

自分の常人では成し得ないような夢に向かって

必要な本質的な事以外を

徹底的に捨てる事ができる人。

 

プロ野球選手になるために

「頑張ってるね」なんて称賛はいらないのです。

 

その称賛はプロ野球選手を本気で目指している時に

二次的に生まれてくるものですから。

 

もし生まれなかったとしても

一番に追うべき本質ではないのです。

 

 

ちなみに僕は半年前まで

オリンピックを目指して実業団に所属する

社会人アスリートでしたが

 

【覚悟と本気】の意味を知ってからは

人に褒められるような練習量や長時間の練習を一切やめました。

 

午前と午後に行われる

予選と決勝に向けて

 

わざと寝起きで

ウォーミングアップをせずに練習して

 

昼休憩をはさんでパチンコ屋で

聴覚と視覚を全てぶっ飛ばしてから

 

夜九時にまたグランドに戻って

誰もいない中練習をしていました。

 

その時の試合は

一番手ごたえのある試合ができました。

 

(よいこは真似したら怒られるよ

真似するなら本当の意図を聞きに来てね)

 

 

本気で何かを成し遂げたい。

覚悟を持って自分のやりたいことに進みたい。

 

 

そんなあなたに聞きます。

 

 

あなたはその成し遂げたいことに対して

「これだ!」と言えること以外すべてに

「NO!」と言えますか?

 

あなたの選択は

人に嫌われるかもしれません。

 

あなたの選択は

今いる居心地のいい場所を

ぶち壊してしまうかもしれません。

 

あなたの選択は

今まであなたが一番怖がって見ないようにしていたものを

眼前に突き付けられる事になるかもしれません。

 

それでもあなたは

【その他大勢すべての事】に

「NO!」と言えますか?

 

どれだけ怖くても

どれだけ恐ろしくても

 

視界に入れるだけで

身体中の筋肉がすくみ上ってしまうほどの

トラウマを連想させる事だとしても

 

その選択があなたの行き先に

本当に必要だと心から思えるものに

「YES!」と言えますか。

 

 

その恐ろしさを振り切る程

あなたの心は震えていますか。

 

 

その心の震えこそが

【本当の覚悟】だと思います。

 

 

「覚悟あります!」と

今やっている事に対して言ったことがあるのなら

もう一度考えて見ませんか。

 

怖くても進めますか?

 

 

それが、本当の【覚悟】であり

本当の【本気】だと思います。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

今日はかなり長く書いたので

少しまとめますと

 

【覚悟】とは

成し遂げたいことに対して

考え続ける事で

 

本当に心から必要だ!と言えない

全てのどうでもいいことに

勇気をもって「NO!」と言えるかどうか。

 

今やっている行動が

自分の目標のどこに向かっているのか

明確に、具体的に自分の言葉で説明できるか、ってのが

大事なところだと思ってます。

 

 

 

 

 

僕がコーチングで対価をもらう理由

僕はクライアントさんに
コーチングの対価としてお金をもらって
生活をしています。

僕のクライアントさんは
僕に決して安くはない
大切なお金を払って
コーチングを受けに来てくれます。

「形がないコーチングに
お金を払うなんて信じられない」

「どうして会って話すだけなのに
そんなにお金がかかるのか」

「稼げて取り返せるわけでもないのに
お前にお金を払うなんて馬鹿げてる」

こんな事を言われたり
する事もあります。
(全部実際に言われてます)

僕はお金をもらっている以上
責任を持ってコーチングをします。

僕との対話を仕事としている以上
価値が存在するものだと自信もあります。

それを直接話した相手が

「あなたの言っている対話の価値は
私にとっても価値があるものだ」

そう認識してくれる事で
初めて仕事として成立します。

相手(クライアントさん)は
何にお金を払っているのか。

どうして形のない
倉田という一人の男との対話に
安くないお金を投資するのか。


それは、クライアントさんが
僕とのセッションで出現する
【本当に望む未来】に向けて

【倉田という存在】を
必要としてくれるからです。


移動手段としての車を
手に入れるのに100万円を払うのは
普通ですよね。

100万円くらいの中古車なら
長くても5年くらい経つと
買い替えの時期がやってくる。

車を買ったからと言って
全ての移動が車になるわけではない。

お酒を飲む日は電車に乗るでしょうし
近くのコンビニには
歩いて行くかもしれませんよね。

車にお金を払うという事は
その車に乗れる機会に
自分の車に乗れるという価値を
100万円で買っている事になるのです。

その100万円を払うのに
必要以上に悩む人はいません。
(車を買おうと決心してる時点であればね)

だって、車を買うのに
100万円を出すのは
ほとんどの人がやっているから。

いわゆる常識なわけです。
車買うなら100万円かかっても
仕方ないよね、って感じで。

車が壊れたらその100万円は
思い出だけを残して消えてしまうわけです。

ですが、僕の提供している
【人生における本質的な変化】は

もともと形がない以上は
消えようがありません。

コーチングを通して出現する【本質】は
外から取って付けたものではないので

自分の中に一生残ります。

自分がこれから選択して行く
人生の中の膨大な選択肢の中で
自分に本当に合った正確な判断をし続けるための


永久なものさしになります。



そのものさしさえあれば
100人いれば100人違う
【自分が満足できる人生のゴール】に向かって
確実に一歩ずつ歩いて行けるわけです。

自分のものさしさえあれば
相手に想いを伝えやすくなります。
自分の言葉や行動が
想いとズレなくなっていくからです。

コミュニケーションが円滑になれば
自分の心から出た成し遂げたい事を

自分の力だけではできないレベルで
自分の力だけではない力を借りて
成し遂げることができます。

その成し遂げた事は
心の奥底から望んだ事なので

本当の心の安らぎと
最高の満足感を得ることができます。


その満足感と安らぎを胸に
さらに自分のビジョンを
叶え続ける事ができます。




この未来を手に入れるための変化に
僕のクライアントさんは
お金を払ってくれているのです。


お金、とは
価値と交換するものであり、エネルギーです。


お金を使う場面では
自分がこの価値と引き換えに
欲しいものが得られるのか?と
考える必要があると思いますし


お金をもらう場面では
相手はどこにお金を払ってくれて
自分を通してどんな価値を提供できるだろうと
考える必要があると思います。


逆に、そこの本質さえ
しっかり煮詰まっていれば


気持ちよくお金を使えるし
気持ちよくお金をもらえるようになるでしょう。




特に最近思うのは
商売がうまくいかない、物が売れないってのは
行動量や努力が足りないのではなく



この本質を
見失ってしまっているのでは
ないのかな、と感じています。




商売で悩んでいる人は
ぜひ考えてみてはどうでしょうか。





「もっと詳しく聞いてみたい」
「商売の相談をしてみたい」
メッセージにてご連絡下さい。

新宿区や中野区でしたら直接お会いしてお話しすることもできます。



※対面セッションは有料なので
本気で悩んでる人に限らせていただきます。


(得るものがなかった場合は場合は
一切お金はいただきませんのでご安心を。
こっちも本気でやってますので。)

 

 

f:id:naoto1619:20170728220255j:image

夢に向かう努力が苦しい人へ

教養を身につけるために
お金を払って(払うのは親御さんだけど)
学校に行く。

やりたい仕事をするために
お金を払って
資格取得の勉強をする。

ネットビジネスを学ぶために
お金を払って
スクールや団体に入る。

営業を学ぶために
お金を払って
すごい人にコンサルを受ける。

欲しいものやなりたい姿に
対価を払って、勉強する。

素晴らしい事だと思います。
対価を払おうとしない人には
何も得る事ができませんから。
(払えない人、じゃなくてね)

だけど、何にでもお金を払えば
吸収できるなら

失敗したり
後悔する人なんていないよね。

自分に投資して、後悔したり
失敗したりする人って

【本質が見えていないから】
だと思うんです。


例えば、サラリーマンの労働環境が嫌で
独立を目指したとする。

そしてビジネススクール
投資案件の営業マンと出会って
お金を払って契約する事になったとして

「これでサラリーマンじゃない
生き方ができる!」

そう意気込んで、頑張るわけです。

一生懸命稼ごうとする。
ネットビジネスを進める人は
ひたすら作業ノルマをこなして
売り上げを伸ばそうと頑張る。

稼いでいる人は言うわけです。
「やれば稼げるので作業しましょう。
あなたはまだ作業時間が足りないですね。」

ビジネスの営業をする人も多いよね。
そんな場合はひたすら自分をブランディングして
(集客のためにすごい人を演じる技術)
アポイントを取りまくる。

営業を教えてくれている人は言うわけです。
「お前はアポイント数が足りない。
もっと人と会いなさい。
SNSを動かして、作業を増やしなさい。」

周りにこんな環境がない人は
何を言ってるのかわからないかもしれませんが

フェイスブックツイッター
少し友達を増やして見てください。

「稼いでいるからね、あなたにも教えるよ」

「素晴らしい環境であなたも頑張らない?」

「カフェともが欲しいので会いませんか!
僕はネットビジネスで成功しました!」

なんていうタイムラインやメッセージが
山のように来ますから。

(これが悪いとは思ってませんよ。
立派な戦略ですし、その作業量は
すごいと思います)

僕が疑問に感じるのは
「君がやりたかった事は
それを一生懸命やる事なの?」

という事なんです。

こんなことを言うと
沢山のネットワーカーさんから

「今は営業を勉強しているんだ!
将来のために必要なんだ!」
と、怒られてしまいそうですね。
(実際に結構おこられてきました)

将来っていつのこと?
それがどんな夢につながるの?
その今やってる事がどのラインまで来たら
夢が達成されるの?

そう聞かれて即答できないのなら
本当にやりたい事ができてないのでは?

もしかすると
【あなたが最初に思っていた
なりたくないサラリーマン像】と
全く同じ状態になっているのでは?


なにより、今やっている
【思い描いた夢】ではない事は

【あなたが夢を思い描いて行動する】事より
大事なことなの?

膨大な時間を使っているのに
本当にそれが夢に1番近いの??

「近いに決まってるだろ!」

そう言えるあなたも
近いって本当に自分の頭で考えたの?
誰かに言われたからじゃない?

結局動いて自分で手に入れた環境なのに
最初に悩んでいた時と
実際はそれほど変わっていないと言う現状が
起きるわけです。

根本は、1番最初の考えが
全く煮詰まってないから
本末転倒な結果になっているのです。


最高の未来を作るために必要なのは
最高そうな外部環境ではない。

「自分は今の現状の
何が不満なんだろう?」

「自分の本当にやりたいことって
何なんだろう?」

「何を手に入れたら
自分は満足するんだろう?」


考えてみることです。
今走り出してしまっている人も
手を止める勇気があるのなら
まだ間に合います。

今いる場所に一生いるつもり?
ノーと言えるならまだ間に合います。

「今は考えている場合じゃない。
とにかくやれ。やらないとわかっているな?」

そう脅迫じみて言われるような集団で
自由だ、なんて嘘を語るマリオネットになる前に

「逆にお金や地位があったとしても
これが欠けてたら満足できないって言う
本質的なものは何だろう?」


自分に問いかけて見て
一度、立ち止まって見るのはいかがでしょうか。





本質をズバッ!と捉えた行動は
苦痛を伴わない。
その努力さえ、楽しく感じてしまい
あっという間に朝起きてから夜になる。

今の苦痛は結果の良し悪しではなく
あなたの人生の本質を
完全に捉えていないから、
ただその一点だけ。

夢に向かって
今は苦痛を耐えている。
それを苦痛と感じているなら
多分それズレてるよ。





1人じゃ見つけられないから、僕らコーチがいます。
人生の本質を本気で考えたい方は
メッセージ下さい。